PROFILE

  • photo by: 宮野正喜

    名前: 森本さかえ
    誕生日: 1977.1.20(32歳)
    出生地: 奈良県
    身長/体重: 165cm/63kg
    ポジション: FW
    所属チーム: 天理大学
    職業:
    学校法人天理大学職員

    主な戦績:
    <2008>
    ・北京五輪日本代表(10位)
    ・中国4カ国国際大会準優勝
    ・第16回チャンピオンズトロフィー大会6位
    ※FIH世界ランキング6位(as of 2008.9.8)

    <2007>
    ・第15回チャンピオンズトロフィー大会5位
     2008年5月同大会出場権獲得
    ・第6回アジアカップ大会優勝
    ※FIH世界ランキング6位(as of 2007.9.18)

    <2006>
    ・第15回アジア競技大会2位
     北京五輪出場権獲得
    ・日本リーグ優勝、MVP受賞
     ベストイレブン
    ・第12回Samsungワールドカップ
     予選3位 本大会5位

    <2005>
    ・スペインリーグ参戦
    ・第4回東アジア競技大会
     優勝金メダル獲得 ・日本リーグオールスター
     ゲームMVP受賞
    ・チャンピオンズチャレンジ
     大会日本代表(3位)
    ・日本リーグベストイレブン
    <2004>
    ・世界TOP10プレーヤー選出
    ・アテネ五輪日本代表
    (8位入賞)
    ・アテネ五輪予選得点王
              他多数出場

    キャップ数:214(as of 2008.2)
    通算得点数:88(as of 2007.7)

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2013年11月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

スポーツを通じて思うこと…

昨年の今頃、

このような生活を送っているなんて想像すらしていませんでしたが、

アスリート時代には味わえない幸せ☆を知ることができました。

現役時代、素晴らしい仲間たちと出逢い、最高のタイミングでオリンピック出場をはじめ、海外でプレーをする夢も叶えることができ、本当に最高の現役ライフを送ることができました。

夢を叶えるために、諦めてきたことも、我慢してきたことも、自分の信念を貫いて迷惑をかけたこと、山ほどありました。

でも、そんな中でも目標を達成して、何かをやり遂げて、達成感を得て、多くの人と喜びを共有できて、本当に幸せでした。

現役引退後、指導者としてホッケーに関わり、

現役時代に日本のホッケーが世界で通用していくことに挑戦していたことを

立場を変えて新しく挑戦していきました。

うまくいくこと、うまくいかないこと

ホッケーの指導者だけでなく、教師として多くの生徒と関わることができ、

生徒たちから多くを学んできることができました。

そして、今

素敵な方と出逢い、彼と新しい家族を築くことができる幸せに包まれることとなりました。

その中で、新しい命を授かり、女性として最高の幸せを育む機会をいただきました。

正直、指導者として活動している期間は、

時間も手間も、何もかも注いで教師と指導者とが全てになっていました。

学校の教師をして、強豪クラブの指導にあたる。

結果が伴えば喜んでもらえ、結果が伴わなければ批判される。

時間と心がいくらあっても足りないくらいの5年間でした。

現役時代同様、辛いこともしんどいことも山ほどありました。

女性だから、独身だからと言われることもありました。

それでも、ホッケーが好きだったし、世界に通用するホッケーを求めていたことが私の原動力となっていました。

生徒たちの喜ぶ顔がなによりの励みになっていました。

私が経験して、みてきた世界でこの選手が通用するにはどうしたらいいんだろうかと真剣に考えて、私の視点で取り組んでいきました。

私が通ってきた道を形にしていこうという段階だったので、周りに理解してもらうことも難しかったのかもしれません。

しかし、私なりにいつも全力で取り組めたからこそ、指導者から引くときはなんの思いも残すことなく引くことができました。

これを批判する人は、山ほどいました。

しかし、どんなときも私を支え、私の幸せを願い、新しい道に導いてくれる友だちに恵まれ、私は志を高く持つことができてきました。

これは、スポーツを通じて、スポーツのよさを共有して、形にしていくことで私は助けられました。

なので、スポーツという分野への敬意はより深まっています。

スポーツを通じて培われるものの大きさは無限大です。

しかし、スポーツをしていたらいいかといえば決してそうではないと思うのです。

練習も一緒です、一生懸命やっていても目標を達成するやり方で一生懸命やらないと達成できません。いくら一生懸命やっても、間違ったやり方をしていては決して達成されないのです。

達成した人だからわかること、みえる世界がそこにあって、そこで共有されている考え方があるのです。

私は、多くの素晴らしいアスリートの方々と交流させていただく中でものすごく多くを学ぶことができました。

新しく学ぶこと、経験した中で信念として持っていっていいものなどなどを日々研磨する機会をいただいていました。

だから、「一流に触れる機会」というのが大事なんだと思うのです。

日本には指導者が山ほどいます。

私がいた場所にも指導者はたくさんいました。

いい指導者かどうかは誰が判断するかによるかと思います。どこを目指すかによります。しかし、みな自分が経験してきたことを糧に指導に自信を持ちやっておられました。もちろん、素晴らしいことです。

しかし、そのなかで「一流」に触れる機会は本当に大事だと思うのです。

成し遂げた人は、人間としても本当に素晴らしいです。集えば本当に心地いい、穏やかな、成果の高い、居心地のいい空間と時間になります。

そのヒントは、感受性の高い、吸収力の高い時期に触れ合うことで学べるようにも思います。

挫折や壁にぶつかることは、同様にある中

そこから結果を出せる方の考え方や取り組み、人間性はどうなのかを知れると本当に大きく成長すると思うのです。

私が活動させてもらっている(今は完全産休中ですね〜)アスリートネットワークは、オリンピアンをはじめ世界で活躍した多くのアスリートが活動しています。

色々な活動をしているので、本当に一人でも多くの方々に参加してもらい、触れ合ってもらい、スポーツを通じて人間形成や、目標達成のポイントをつかんでもらいたいと思うのです。

HPでも多くのイベントを紹介しています。

アスリートネットワーク

http://www.athlete-network.jp/index.html

ぜひ、チェックしてください。

結局、なにを書きたかったのかよくわからない分になってしまいましたが、

「一流に触れる機会」が得られるのであれば、ぜひちょっとしたことから始めるのって大切なんじゃないかと思う、今日この頃です。

だらだら書いちゃいましたが。。。。すいません。

2014年11月17日 (月)

1年前の私と今の私

この1年、ブログをお休みさせていただいていました。

この1年、私の周りを取り巻く環境が大きく変わったので今回はその紹介をしていきたいと思います。

紹介しながら、私自身もこの1年を振り返り、次の一歩に進んでいきたいと思います。

過程は1年分ありますが、まず1年前と変わったことをPICK UPしてみます。

1.3月に天理高校の教諭を退職しました。

  そのため、ホッケーに関わる仕事も現在していません。

2.1月に入籍をさせていただきました。

  素敵なご縁を頂き、1月入籍し、5月に身内で挙式を終えさせていただきました。

3.新しい命を授かり、現在妊娠9ヶ月目に入りました。

そんなこんなで、1年前とは全く違う生活をしています。

私なりに非常に充実した毎日を過ごしています。

それも、ホッケーを通じて色んな経験や色んな出逢いがあったからこそ今につながっていると本当に実感しています。

もちろん、いいことばかりではなかったのかもしれませんが、

辛かったことがあった反面、それを支えてくれて新たな道に導いてくれた人の存在に感謝しきれません☆

そして、今ある幸せに感謝☆することで、幸せが広がっていくこともこの1年で実感してきました。

私がスポーツを通じて学んできたことが、

今スポーツからはなれてどういかされているのか、

そんな視点でちょっと物事を見ていきたいなとも思っています。

ボチボチ更新していきますので、どうぞおつきあいくださいね。

 

再開させていただきます。

1年ぶりの更新になります。

色々ややこしい理由があり、更新していませんでしたが

再開させていただきます。

ぼちぼちやりますので、どうぞよろしくお願いします。